記事一覧

スポンサードエリア

→当ブログ記事関連の←

→健康おすすめ商品・サービスは←

→コチラ←

詐欺的行為

先月、11月30日によくあるニュースが出ました。「がんに効く」とうたい無許可販売容疑、社長ら2人逮捕医薬品販売業の許可を得ずに「がんに効く」などと効能をうたって商品を売ったとして、警視庁は健康食品販売会社「東京ビジネスネットワーク」(東京都目黒区)社長の鮫嶋純則容疑者(70)=同区青葉台2丁目=ら2人を医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕し、30日発表した。 「健康食品として扱っていただけ」などと容疑...

続きを読む

肺がんのおじさん②

「タバコを吸っていても長生きしている人は多い」と言う人がいました。その人は「死ぬときは死ぬんだ」とか「人間いつかは死ぬんだ」続けました。その人は肺がんなりました。友達のお父さんです。私はおじさんと言っていました。肺がんになったとたんにタバコをやめました。あたりまえですね。医者がとめます。医者にかからず癌治療はできません。医者は当然とめます。そしておじさんは言いました。「タバコなんて吸うんじゃなかっ...

続きを読む

肺がんのおじさん①

さて本日はがんはがんでも裏テーマの肺がんの話です。私はタバコにはそれほど嫌悪感はないことを以前のブログで書きました。だからといって喫煙を推奨しているわけでもありません。人に迷惑をかけなければ一服して気分転換もありだとは思っています。でも大きなリスクをしょっていることは自覚していてほしいと思っています。肺がんになったときに↓「こんなことならタバコなんて吸うんじゃなかった・・・」という泣き言は聞きたく...

続きを読む

同期のがん④

同期のがん③からのつづきです娘さんが6年生の夏過ぎ、Tさんは娘さんに自身のがんを告知しました。回復の望みが乏しいことを含めてです。娘さんもうすうすは感づいていたようですが、それでも直接聞かされるとショックは大きかったようでその夜は母娘ふたりで泣いて過ごしました。(さすがに現旦那さんは席を外していたそうです)娘さんに告知をしてすぐにTさんの体調は悪くなりました。職場では現旦那さんの同期が発起人となり、T...

続きを読む

同期のがん③

同期のがん②からのつづきです。Tさんの心残りはあとに残される娘さんでした。Tさんは再婚で娘さんはTさんの連れ子です。現旦那さんとは血のつながりがありません。結婚した時、娘さんは小学5年生の秋を迎えていました。がんが発覚したのはTさんと現旦那さんが結婚して3か月ほどのお正月を過ぎたあたりでした。娘さんと現旦那さんも同居してまだ3か月です。もちろんお付き合いの段階で十分顔合わせもあり、娘さんの了解のもとの...

続きを読む

同期のがん②

つづきですTさんががんになったのです。ここから先は共通の知人から聞いた話になります。がんの種類はわかりませんが、発見されたときには既に手術ができないほど進行し全身に転移していたそうです。すぐに休職しいちるの望みを込めて抗がん剤治療を開始しましたが思うような効果がでませんでした。効果がでないとわかるとTさんも覚悟を決めたようで、苦しい治療を続けるよりはと抗がん剤治療の中止を医師に頼んだそうです。その後...

続きを読む

同期のがん①

さて、人生も45年を過ぎると職場の同僚にもがんにかかる人は増えてくるものです。私が20代半ばのころに後輩がいました。今回は、その後輩の姉のお話です。私と後輩は苗字が同じということもあり、私が異動で別の部署に行くまでとても仲良く遊んでいました。ダイビングで和歌山や沖縄にも何度も行きましたし。冬はスノボにも行きました。ダイビングのライセンス取得に誘ったのも、スノボの初歩の技術をアドバイスしたのも私でし...

続きを読む

沖縄離島

旅行ではたまにトラブルがありますね。離島がらみででいくつかトラブルにあったことがあります。突然のトラブルは怖いので、私は旅行の前には綿密なスケジュールをたててなるべくそのとおりに行動するようにしています。でも、予想外のトラブルは起こるもので、起こったら起こったで命にさえ影響なければ、これからどうなるのか?どうすれば楽しみをリカバリーできるのか?とてもワクワクしてしまいます。以前書いた慶良間諸島の阿...

続きを読む

趣味 ダイビング1

私の薄い趣味の一つにダイビングがあります。空でなく海の方です。20代半ばからなので、もう20年のキャリアです。Cカード(ダイビングのライセンス)はPADIのADOWというランクです。おおむね初心者が初めてとるライセンスの次のランクです。20年前からランクアップしていません。キャリアは長いですがたいしたことはなくて、最初の2年くらいは年に複数回潜りに行っていましたが、それ以降は1~2年に1回(1回に...

続きを読む

肺がんの空手家

さて私(和泉田)の趣味は空手ということをお話しました。私の先生の先生(以下、師匠とします)が70歳ぐらいになったときのことです。師匠は若い頃から心技体を鍛えており、老いてますます元気に若者を叱咤激励し空手の振興に尽力していたのですが、突然咳き込むようになったそうです。検査の結果、肺がんでした。師匠は基本的にはタバコを吸いません。師匠の秘書のような方に、ごく稀に仕事でイライラしたときに煙草を吸うことがあ...

続きを読む

スポンサードエリア

プライバシーポリシー

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。