記事一覧

スポンサードエリア

→当ブログ記事関連の←

→健康おすすめ商品・サービスは←

→コチラ←

(報道)がん患者自身の細胞、遺伝子操作で味方に 実用化へ前進

がん患者自身の細胞、遺伝子操作で味方に 実用化へ前進

というニュースが朝日新聞DIGITALで配信されました。

記事を読んでも少し意味が分かりづらい気がします。

少し記事を引用すると↓
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 患者自身のT細胞と呼ばれる免疫細胞に、がんになったリンパ球の目印を認識させ、がんを攻撃し続ける機能をもたせて体内に戻す。一度の点滴で効果が出るとされる。米国で承認されている同様のメカニズムの薬(商品名キムリアなど)が4千万~5千万円と高額なことでも注目を集めている。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ということですが、同様のメカニズムのものはすでにあるんですね。
ただ4千万から5千万円ということであればよほどのお金持ちでなければ治療を受けることはできないです。

このニュースのポイントは、米国で承認されているものはウィルスを使う方法なのですが今回の方法はウィルスを使わないことでウイルスを扱うことで生じる安全対策や施設整備のコストを10~15分の1以下に減らせる可能性があるというところです。

ウイルスを扱うためそれが外界にもれてしまうと何らかの弊害があるので、結核病棟のような陰圧室を作ってウイルスを内部に閉じ込める仕組みのある施設を整備しなければならないということだと思います。

これって既存の陰圧室ではだめなんですかね?

今回のニュースは新たな技術により治療の幅が広がるというよりは、お手軽になった分コストがかからず結果治療費が安くなるんじゃないか、という希望的ニュースのようです。

記事のなかでも、「安全対策や施設整備のコストを10~15分の1以下に減らせる可能性」と書かれています。
コストが15分の1になったら、4千万から5千万円の治療費は何分の1になるのでしょうか?

もしくはいくら位なら一般市民にとって現実的なんでしょうかね?

めちゃめちゃ効果的なら実現が早まるよう国をあげて応援してほしいものですね。


以下、引用
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
がん患者自身の細胞、遺伝子操作で味方に 実用化へ前進

1/25(木) 5:00配信 朝日新聞デジタル

新しいがん免疫療法「CAR―T細胞療法」の流れ

 がん患者の体内から免疫細胞を取り出し、遺伝子操作して攻撃力を高めて戻す新たな免疫療法「CAR―T(カーティー)細胞療法」の実用化に向けた動きが本格化している。24日には名古屋大学病院が、ほかに治療法がない急性リンパ性白血病の患者を対象に厚生労働省の部会に再生医療の臨床研究として申請し、了承された。

 治療法がなくなって、これまで救えなかったがん患者への新たな治療法になると期待されている。

 患者自身のT細胞と呼ばれる免疫細胞に、がんになったリンパ球の目印を認識させ、がんを攻撃し続ける機能をもたせて体内に戻す。一度の点滴で効果が出るとされる。米国で承認されている同様のメカニズムの薬(商品名キムリアなど)が4千万~5千万円と高額なことでも注目を集めている。

 今回了承された計画は、信州大の中沢洋三教授が考案した独自の技術をもとに名大と信州大が共同開発した。治療費の大幅な削減を目指している。

 国内ではすでに、自治医大がタカラバイオと共同で臨床研究などを始めている。米国で承認されたものや自治医大の治療法は、遺伝子操作にウイルスを用いている。だが今回了承された名大のものでは、ウイルスを使わない。高橋義行・名大教授によると、ウイルスを扱うことで生じる安全対策や施設整備のコストを10~15分の1以下に減らせる可能性があるという。

 名大はまず12人の患者で、副作用の程度などの安全性や効果をみていく。

↓ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000009-asahi-sci
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
関連記事
レジェンド声優と懐かしのアニメ(野沢那智と「スペースコブラ」)(野沢雅子①と「釣りキチ三平」)(富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」)(田中真弓と「おそ松くん(新)」)(鶴ひろみと「みゆき」)(石丸博也と「マジンガーZ」)(古谷徹と「聖闘士星矢」)


できればポチッとお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がん 骨転移へ
にほんブログ村

がん・腫瘍ランキング

進め!100キロウォーク 歩いて健康に!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードエリア

プライバシーポリシー

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。