FC2ブログ

記事一覧

スポンサードエリア

→当ブログ記事関連の←

→健康おすすめ商品・サービスは←

→コチラ←

ニュース がんゲノム医療、100病院で検討…全国整備へ

ヤフーニュース(おおもとは読売新聞の配信みたいですが)に

「がんゲノム医療、100病院で検討…全国整備へ」
という記事が掲載されていました。

がんの遺伝情報をきちんと調べて的確に症状に合った治療をしようというものです。
一か八かの投薬が減って最善の薬を選びやすくなる、または発症前に摘出するという選択もできるのでしょう。

それが、全国100病院で始まるという計画だそうです。

1月の半ばに報道されていますが、発表したからには2018年度から100病院が参画するメドがたっているのでしょう。
平均すると都道府県で2病院程度。
もちろん大都市には多くて、人口の少ない県などは1病院だったり無かったりするのでしょうけど。

ただ、中心的な役割を担う「がんゲノム医療中核拠点病院」をいま公募していて、3月までに12か所程度を指定する方針ということは、正式決定が3月ということ。
当選してから体制を整えると活動開始が4月からすぐというのは普通だと厳しいですね。

もちろん内内ではどこに決定するのかおおむね決まっていて、応募もその病院だけしかない場合も多々あるので、手を挙げている病院は当選するつもりで準備は始まっているのだとは思いますが。

ただ、たまに予想外のところが手を挙げてしまい混乱するということもあるので、そうならないように公正で速やかな決定を望みます。

計画が早く進めば進むほど恩恵を受ける人も増えるはずですから。


以下引用
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「がんゲノム医療、100病院で検討…全国整備へ」

がんの遺伝情報を活用し、一人ひとりに最適な治療を選ぶ「がんゲノム医療」について、全国100か所程度の病院が2018年度から患者向けの診療を始める検討をしていることが、厚生労働省への取材で分かった。

がんの個別化医療が全国で本格的に動き出す。

 がんゲノム医療は、がんの原因となる遺伝子変異を調べ、変異に応じた薬を選ぶ治療法。治療の選択肢がなくなった患者にも効果的な薬が見つかることがある。

 厚労省は、中心的な役割を担う「がんゲノム医療中核拠点病院」を公募、3月までに12か所程度を指定する方針。国立がん研究センター中央病院(東京・築地)などが想定されている。

 中核病院は、患者を直接診療する「がんゲノム医療連携病院」とグループを作り、医療を提供する。厚労省によると、中核病院と連携病院を合わせ、実施医療機関として100施設程度が検討を進めている。
「2018/01/15 ヤフーニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00050078-yom-sci
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
関連記事
レジェンド声優と懐かしのアニメ(野沢那智と「スペースコブラ」)(野沢雅子①と「釣りキチ三平」)(富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」)(田中真弓と「おそ松くん(新)」)(鶴ひろみと「みゆき」)(石丸博也と「マジンガーZ」)(古谷徹と「聖闘士星矢」)


できればポチッとお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がん 骨転移へ
にほんブログ村

がん・腫瘍ランキング

進め!100キロウォーク 歩いて健康に!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードエリア

プライバシーポリシー

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。