FC2ブログ

記事一覧

スポンサードエリア

→当ブログ記事関連の←

→健康おすすめ商品・サービスは←

→コチラ←

肺腺がんと肺がんって違うの?

先日、「ET-KING」リーダーいときんさんがステージに復帰したというニュースがありました。過去記事はここ完治ではなく治療の合間に体調を見ての復帰ということだと思います。このまま良い方向に向かっていってほしいものです。そのニュースではいときんさんがかかっているのが肺腺がんだということでした。歌手なのに肺の病気とはとても気の毒に思います。さて、肺腺がんと肺がんってどうちがうのでしょう?肺腺がんも肺が...

続きを読む

肺腺がんで闘病中の「ET-KING」リーダーいときんがステージ復帰(報道)

肺腺がんで闘病中の「ET-KING」リーダーいときんがステージ復帰肺腺がんで闘病中の「ET-KING」リーダー、いときん(38)が28日、大阪・Zeppなんばで、ツアーファイナル公演に出演し約5カ月ぶりのステージ復帰を果たした。「いときん」コールを受けたアンコール、8月のがん公表後初めてファンの前に姿を見せ「巡り会いの中で」「新恋愛」「ギフト」の3曲に参加した。 力強い歌声を響かせハッピ、シャツも...

続きを読む

遺伝情報検査 保険適用めざす

遺伝情報の検査が保険適用になるかもというニュース。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000004-asahi-soci(朝日新聞ニュースより引用)遺伝情報の検査ってアンジェリーナジョリーがやったやつですかね。遺伝的に乳ガンにかかる可能性が高いか調べたらそのとおりだったので手術で胸を取ったっていうあれ。悪くないのに可能性が高いというだけだとってしまうのは勇気がいるかもしれませんね。この記事では遺伝情報を検...

続きを読む

肺がんのおじさんⅡ③

肺がんのおじさんⅡ②のつづきですおじさんBが肺がんと診断されたのは私が20代前半のころでした。その頃には毎年恒例だった夏の旅行もなくなってから10年以上たっていたので年に数回会う程度でした。大人同士はもっと会っていたのですが、子供たちはこどもなりの予定があったりと親についていくことも少なくなっていました。それでもうちの母とおじさんBの奥さんは仲が良かったので、おじさんB家の近況は私たちにもよく入っていま...

続きを読む

尿からがん診断が可能に‥名大が発表

12月16日のニュースに興味深い記事が出ていました。尿から癌を発見できるかもしれないそうです。うまくすれば定期の健康診断で癌を発見できる日がくるかもしれません。これは国がバックアップしてもいいのでは?商品化して世界に広まれば出した国予算分はすぐに帰ってくると思います。金銭面だけでなく名誉としても。もちろん国だけの利益とならないよう、研究チームと大学の利益と名誉も守れるようにですけど。なんにしろ早く...

続きを読む

肺がんのおじさんⅡ②

肺がんのおじさんⅡ①からの続きです先におじさんBの思い出ばなしですが、年長の長女たちが小学校4~5年生の頃だったでしょうか。私は小学校の1年生か2年生でした。恒例の夏の旅行はだいたい海への2泊3日の旅行でした。その年も海で遊んだあと民宿に帰って風呂に入った後、夕食を食べました。子供たちの誰かの発案で、旅行の夕食の後に子供たちで親たちにサプライズで楽器を演奏して聴かせようということになっていたようです...

続きを読む

肺がんのおじさんⅡ①

さて、今回も肺がんのおじさんのお話になります。前回の肺がんのおじさんとは別のおじさんです。今回のおじさんは父親の学生時代の友人です。父を入れての4人組ですが、それぞれが家族を持ってからも交流が続き、夏には恒例で旅行に行っていました。4家族中の3家族は最初の子供が同級生で全員女子でした。私の姉もその3人のうちの一人でした。恒例の旅行はその長女グループが高校受験を控える中学2年まで続きました。家族ぐる...

続きを読む

詐欺的行為

先月、11月30日によくあるニュースが出ました。「がんに効く」とうたい無許可販売容疑、社長ら2人逮捕医薬品販売業の許可を得ずに「がんに効く」などと効能をうたって商品を売ったとして、警視庁は健康食品販売会社「東京ビジネスネットワーク」(東京都目黒区)社長の鮫嶋純則容疑者(70)=同区青葉台2丁目=ら2人を医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕し、30日発表した。 「健康食品として扱っていただけ」などと容疑...

続きを読む

肺がんのおじさん②

「タバコを吸っていても長生きしている人は多い」と言う人がいました。その人は「死ぬときは死ぬんだ」とか「人間いつかは死ぬんだ」続けました。その人は肺がんなりました。友達のお父さんです。私はおじさんと言っていました。肺がんになったとたんにタバコをやめました。あたりまえですね。医者がとめます。医者にかからず癌治療はできません。医者は当然とめます。そしておじさんは言いました。「タバコなんて吸うんじゃなかっ...

続きを読む

肺がんのおじさん①

さて本日はがんはがんでも裏テーマの肺がんの話です。私はタバコにはそれほど嫌悪感はないことを以前のブログで書きました。だからといって喫煙を推奨しているわけでもありません。人に迷惑をかけなければ一服して気分転換もありだとは思っています。でも大きなリスクをしょっていることは自覚していてほしいと思っています。肺がんになったときに↓「こんなことならタバコなんて吸うんじゃなかった・・・」という泣き言は聞きたく...

続きを読む

スポンサードエリア

プライバシーポリシー

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。